Cyonmage ウィート

Cyonmage ウィートヴァイツェン/ホワイトエール
スポンサーリンク

『Cyonmage ウィート』とは。

江戸時代の象徴ともいえる、ちょんまげを冠名に持つ山口県は萩の地ビール。
山口県は維新の若き獅子たちを多く輩出した”長州藩”。
まさにちょんまげというイメージがしっくりきますね~。

ドイツ・バイエルン地方で発展した、小麦麦芽を使用した上面発酵の淡黄色ビールです。チョンマゲオリジナルウィートは、小麦麦芽を50%以上使用し、爽やかな香りとフルーティーな味わいが特徴。苦味が弱く、心地よい酸味があり、生きた酵母が多く残されているため、白く濁っています。(HPより)

Cyonmageマーチ♪

味わってみよっ♪

基本情報

■ 銘柄: Cyonmage ウィート
■ 製造: 山口萩ビール株式会社
■ 産地: 山口県萩市
■ ALC.: 5%
■ Type: ヴァイツェン(ウィートエール)
Cyonmage ウィート

Cyonmage ウィート

印象・特徴

麹のような香り、苦味、旨味はほとんどない。発酵感ありで、酸味が強い。

感想

じゃおぴの
香り★☆☆☆☆★★☆☆☆
喉ごし★☆☆☆☆★★☆☆☆
キレ★★☆☆☆★☆☆☆☆
旨味★☆☆☆☆★★☆☆☆
苦味★☆☆☆☆☆☆☆☆☆
濃厚さ★★☆☆☆★☆☆☆☆
総合★★☆☆☆☆☆☆☆☆★★★☆☆☆☆☆☆☆
感想かなり個性的なビール。発酵しすぎ?
すみません、苦手でした。
口当たりは良いが後味に西京漬けのような香り。ちょっと苦手かも…
麹香が口に残る

各項目について独自の判断基準で星を付けています。
詳細はコチラをどうぞ♪

『Cyonmage』シリーズを味わってみた!

Cyonmage ペールエール
『Cyonmage ペールエール』とは。 江戸時代の象徴ともいえる、ちょんまげを冠名に持つ山口県は萩の地ビール。 山口県は維新の若き獅子たちを多く輩出した”
Cyonmage アルト
『Cyonmage アルト』とは。 江戸時代の象徴ともいえる、ちょんまげを冠名に持つ山口県は萩の地ビール。 山口県は維新の若き獅子たちを多く輩出した”長州藩
Cyonmage 文と萩の物語
『Cyonmage 文と萩の物語』とは。 大河ドラマ『花燃ゆ』の舞台である山口県萩市。 それにちなんで造られたと思われます、こちらのビールは山口萩ビールおな
タイトルとURLをコピーしました